安いのがあるのは?

安いのがあるのは?

ラクトフェリンを利用ししっかり効果を感じたい方は、あまり安価な商品は選ばないほうがいいです!
その理由は低価格の原末も売られているからです。

 

ラクトフェリンの原末といっても、その基準はメーカーによりまちまちです。
例えば1,000円くらいの安価な商品が売られていたり、6,000円前後と少々高い商品など。
違いといえば、ラクトフェリン原末の価格の違いくらいです。

 

低価格のラクトフェリン原末では、6,000円程度で売られている商品の5分の1程度しかラクトフェリンが含まれていないものも。
商品のパッケージでラクトフェリンが100mgや、300mg配合されていると書かれていても、安い原末を使用すると意味がなくなってしまいます。

 

安く提供できるということは、それだけラクトフェリン原末が安いと疑ったほうがいいかもしれません!

 

価格の違いは腸溶性ラクトフェリンと、非腸溶性ラクトフェリンでも出てきます。
胃で溶けず腸で溶けるようにコーティングした成分では、お値段が高くなります。
安価で出回っているものの多くは、非腸溶性の可能性が高いです!

 

しっかりと効果を得るためには、腸まで届くと書かれている商品を選びましょう♪
原料の品質まで詳しく記載している商品は少ないため、信頼できるメーカーから買うことも必要ですね♪